現在様々な難題を抱えている

現在のイタリアは、実は中世から19世紀までは小国に分裂していました。

統一の事を理解するには、それに至るまでの歴史知る必要がある。

実はイタリアの歴史は、侵略と権力闘争の繰り返しで血に染まった時代も多々あった。

その歴史上の始まりといえるのは、やはりローマ帝国であろう。

ローマ帝国は、紀元前27世紀に、初代皇帝アウグストゥスから始まり、その後約200年の安定した帝国支配の世が続く。

117年にローマ帝国が繁栄を極め、最も大きくなり、ヨーロッパの大半と北アフリカ、小アジアの一部が領土となった。

だが巨大ゆえに帝国の寿命は縮まり、各地の総督や司令官がはなれていったことなど引き金となり、ついに395年にローマ帝国は、東西隔てることとなる。

467年には、西ローマ帝国はゲルマン民族大移動に巻き込まれる形で消滅した。

この西ローマ帝国の滅亡以来、イタリアは東ローマ帝国、ゲルマン人、イスラム勢力などの外国からの侵入を許し、分割され、統治されてきた。

ようやくイタリア統の動きが起きるのは、ナポレオンの支配が終わったとき、民族主義の炎が燃え上がり始めた。

そして、イタリアの統一運動は、オーストリア帝国のハプスブルク家に対抗する行動であった。

オーストリアの強力な軍隊が、イタリアの北東部に駐留していたからである。

イタリアのいくつかの州で、イタリア統一のための準備を開始し、人々の間では統一への動きが加速し、1815年にウィーン会議による国家の返還が決定された。

波乱の統一から現代ヘイタリア統一運動(リソルジメント)の中心的存在となった、サルデーニャ王国のカミロ・カヴール首相だった。

カヴールは、ナポレオン3世の後ろ楯を得てオーストリア軍を撃破、ロンバルディアの併合を果たした。

一方、南イタリアでは、ガリバルディ率いる赤シャツ隊が両シチリア王国を奪還。

これらの土地もサルデーニャ王国に吸収され、1861年にイタリア王国が建国された。

第一次世界大戦では、かろうじて戦勝国となったが、イタリア国内に不満が噴出し、ムッソリーニによるファシスト党の台頭を招いてしまう。

ムッソリーニは、ドイツの総統ヒットラーと同盟を結び、第二次世界大戦に参戦し大敗を喫した。

結果、ムッソリーニは処刑され、1946年の国民投票でイタリアは共和国となった。

現代のイタリアは、政治汚職やテロ問題など、さまざまな難題を抱えているが、ファッションやサッカー、フェラーリに代表される夢多き国でもある。